Knowledge and Support Center

概要

ペイアウトの詳細レポートでは、1つ以上のソースに関連したリードのペイアウトステータスの概要を取得できます。各リードには、タイムスタンプ、ステータス、ディスポジション、ペイアウトの合計、請求ステータスなどの詳細が含まれます。ペイアウトの詳細レポートはCSVファイルとしてエクスポートされます。

ソースレポートの出力方法

ペイアウトの詳細レポートはInsights (インサイト) ページから作成できます。

トップメニューの、 Insights (インサイト)(1)をクリックします。REPORTS OVERVIEW (レポートの概要) (2)セクションに、保存済みのレポートがすべて一覧表示されます。新しいレポートを作成するには、NEW REPORT (新規レポート)(3)をクリックします。

レポートに名前を付け(4)Type (タイプ) (5) をクリックして Payout Detail (ペイアウトの詳細)(6)を選択し、CREATE (作成)(7) をクリックします。

これにより、Reports (レポート)ページが開きます。Marketer (マーケター)(8)とAccount (アカウント)(9)のどちらからレポートにソースを自動追加するか、あるいは自動追加しない(10)かを選択します。Live (ライブ)(11)、Pending (保留)(12)、Paused (中断)(13)、Completed (完了)(14)、Archived (アーカイブ済み)(15)、Accepted (承認済み)(16)の中から、レポートに加えるソースステータスを選択します。

目的のソースを選択します。

レポートの予約設定をする

レポートを定期的にメール送信するように設定するには、Schedules (スケジュール)(17) をクリックします。 CSVファイル(18)に名前を付け、メールの件名(19)とメッセージ(20)を編集し、CREATE SCHEDULE (スケジュールの作成)(21)をクリックします。

これにより、スケジュールの作成モーダルが開きます。

受信者(22)

受信者のメールアドレスを入力します。受信者が複数いる場合、メールアドレスをコンマで区切ります。 

データ設定
現在のデータ(最後のレポートが送信されてから現在までのデータ)(23)のみを含めるか、累積データすべて(24)を含めるかを選択します。

インターバル(週次または月次)を選択する

週次:毎週同じ曜日にレポートを受信するには、Runs (実行) > Daily (毎日)(25)を選択します。終了日(26)を指定して、レポートを実行する曜日を1つ以上選択し(27)、ランタイムを最低1つ設定します(28)。モーダル下部に、今後のランタイム(29)が表示されます。スケジュールを設定するには、モーダル上部にあるCREATE&ATTACH (作成して添付)(30)をクリックします。

*注:ランタイムは米国アリゾナ時間帯(UTC -7、DSTなし)

月次:毎月同じ日にレポートを受信するには、Runs (実行) > Monthly (月次)(31)を選択します。終了日(32)を指定して、レポートを実行する月を1つ以上選択し(33)、実行する日を選択し(34)、ランタイムを最低1つ設定します(35)。モーダル下部に、今後のランタイム(65)が表示されます。スケジュールを設定するには、モーダル上部にあるCREATE&ATTACH (作成して添付)(30)をクリックします。

*注:ランタイムは米国アリゾナ時間帯(UTC -7、DSTなし)

レポートの予約設定を編集する

緑色のボタン (37)は、レポートの予約設定が有効であることを示しています。クリックすると無効になります。編集するには鉛筆のアイコン(38)を、削除するにはx (39) をクリックします。

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。